Home > 民俗文化体驗學校 > 伝統天然染め付け

天然染め付けとは、自然から得られる動,植物と鉱物材料を利用した染め付けです。

環境と自然がますます重要視されているこの頃ですが、天然染め付けは水質汚染を減らした環境親和的な染め付けの方法で脚光を浴びています。天然染め付けは化學染め付けに比べて人体に害がありませんし、色も穩やかで美しく出ますので現代人たちの關心を高めています。
このような天然染め付けは染め付けの準備(材料選定と材料準備) 染物(布地)の準備、染液抽出、染め付け、すすぎ染め付け、再染色の手續きによって行われます。このようにして出來上がった物は最も自然の材料で作り出された色相、誰にも親しさとやさしさを与える自然の色なのです。
このように自然で始まって、また自然に歸る自然の循環の原理による環境親和的で自然親和的な天然染め付けは自然で染料を得てすべてのものをまた自然に還元する、自然と親しい過程です。

伝統染め付け体驗

: 手ぬぐい(50x50)
: テーブルクロス(70x70)
: T シャツ
ホルチギを応用した染め付け
準備物 : ゴム手袋、上履き、前掛け

伝統天然染め付け工芸体驗

初級(2ヶ月‐ )
: 簡單な廚房用品と小物
中級(4ヶ月‐ ) : 裁縫を応用したふろしき
高級(6ヶ月‐ ) : 衣裝の製作と、彫刻技法を応用したキルティング

*個人の能力また、博物館の事情により所要する期間には差ができることもあります。また、各過程ごとに細部品目が変わることがございます。