Home > サイバー展示室


  衣服は季節や場合によって違う物着用します。体を保護するため、そして生活の中で飾りや身分を示すための目的で着たりします。昔から我が先祖たちは植物性材料で組んだ麻布、麻、木綿などで布を作って使いました。動物性である紬や絹は貴重な布だったので身分の高い人だけの專有物でした。私たちの伝統社會のお母さんたちは幼いころから機織りを習い始めて一生この仕事を續けながら暮しました。
お針と洗濯は欠かせない日常生活の一つでした。衣生活室では先祖たちが植物性の布を作るのに使った、織造用具(綿繰り車、糸繰り、経糸を整える器具。サムソル, 機織り機とそれの附屬品など)をその製作過程に沿って展示してその理解を助けようとしました。また、衣服を管理する時に必要な道具(アイロン、燒きごて、炭アイロン、アイロン台など)も一獅ノ展示しております。また伝統社會の庶民服を展示して、その時代の衣服文化に對する理解を助けようと各種履き物と帽子なども一獅ノ展示しております。そして伝統天然染め付けに對する説明とともに伝統方法で染色した染物を展示しております。